2017年8月2日

国際シンクタンクのGFN(グローバル・フットプリント・ネットワーク)が本日8月2日が、2017年の 「アース・オーバーシュート・デー」であると発表しました。これは、人類による自然資源の消費が、地球の1年分の資源の再生産量とCO2吸収量を超えた日を意味し、この日以降の2017年の残された日々を、人間は地球の生態系サービスの「原資」に手を付けながら、「赤字状態」で生活していくことになります。アース・オーバーシュート・デー

この「超過日」は

1981年には12月14日
1993年は10月21日
2003年は9月22日
2015年は8月13日
2016年は8月8日

毎年どんどん早くなってきています。

世界中が日本のような生活をしたら地球約3個分の資源が必要。

温暖化で異常気象も増えてると思います。

僕ら一人一人が何かできることがあれば小さな事でもエコ活動やっていかなきゃなぁーと思います。